2021/5/19発売 古楽フュージョンユニット「たまひび」1st アルバム

ゲスト出演(バロック・ギター)

1st Album 「たまひび」先行販売 ※特典映像プレゼント付き

古楽フュージョンユニット「たまひび」の1st アルバムがいよいよ完成! 2021.5.19にリリースされます。 それに先駆けて、4月11日より先行販売!(送料300円込) 特典として、4/11に行われた発売記念コンサート映像のリンクをプレゼントいたします。 『歌とリュートで奏でる「魂に響く」古楽のメロディーの数々。古楽の演奏家である2人がジャンルを超えて、新しい命を吹き込んだ』 01. スカボロー・フェア/イングランド民謡 02. 陽のあたる家/アメリカ民謡 03. あヽ輝く月よ**/スペイン民謡 04. スペイン風カラータ*/ヨアン・アンブロジオ・ダルツァ 05. なんと甘い魅力のお方/アントワーヌ・ボエセ 06. スコットランドのブランル*/ギョーム・モルレ 07. 海を渡る人/スコットランド民謡 08. 楽園の美しい三羽の鳥/モーリス・ラベル 09. 涙のパヴァーヌ*/ジョン・ダウランド 10. 流れよ我が涙/ジョン・ダウランド 11. コマンドゼット~新しい未来へ~/佐藤亜紀子 12. 快活なブランル*/アドリアン・ル・ロワ 13. 命のパッサカリア(人は影の如く去る)**/作者不詳 *リュートソロ **バロックギター:金井隆之 魂の響き、旋律の鼓動。  昔から、世界中の歌が歌いたいと思っていた。  昔から、音楽で人をホロリとさせることが出来たらと思っていた。  気がつけば世界中の様々な時代に生まれた歌を、ふたりで奏でている。60’sの名曲、1600年の鬱々としたダウランド、2020年コロナ禍に生まれた日本語のオリジナル曲、時空を超えテオルボとバロックギターで語る17世紀イタリアの死生観、それらを1枚の作品に収めるなんて想像すらしたことがなかった。突拍子もない思いつきに予想外の答えを出すたまひびの禅問答、それを穏やかに支えるエンジニアの阿部氏、だからこそ出来たアルバムだ。  収録したそれぞれの曲を調べると、民俗音楽学者やコレクター、後の世代の作曲家らが古い時代や民族を尊重しながら作曲・編曲・再編纂しているのが伺える。古き良き曲が今の時代にも伝わり聴くことができるのは、昔の曲を新しく生まれ変わらせたり、敢えて古典回帰させる彼らの想像力の賜物だ。  民謡や伝承はそこに留まるものばかりではない。ある場所で曲が生まれ、曲が人と出会い、人がそれを別の

1st Album 「たまひび」先行販売 ※特典映像プレゼント付き

Remote Session リモート・セッション

Concert コンサート

Composition / Recording 作曲、アレンジ、レコーディング

Performance / Art Project パフォーマンス、アート・プロジェクト

Lesson / Workshop レッスン、ワークショップ